Good reading

最近は、ジャレド・ダイアモンド氏の『文明崩壊(上下)』を読んでいます。
ピュリッツツァー賞受賞者なので、ご存知の方もおられるでしょうか。

この方、ハーバード大で生物学、ケンブリッジ大で生理学を修め、
進化生物学、生物地理学、鳥類学、そして人類生態学へと裾野を広げて
行った方なのですが、ただの机上の論理とかではなく、ライフワーク
としてニューギニアの熱帯雨林に40年来身を置き、鳥類の研究をしてい
たり、種の保存に奔走していたり、他の多くの地域でも自然環境を保護
する為、尽力されていたりするので好感を持てました。

でも、世界的規模の鉱山・製材・漁業・石油・天然ガスの採掘採取産業
の大手企業と接し実務を積んだり、アグリビジネス等にも精通している
ので、企業としての観点から視たシビアな面とかも良く把握されてます。
自分の中では、ざっと読める感じではなく、じっくり理解して読んでいる
感じなので結構ペースは遅め。しかも、まだ上巻だったりする(ぁ

でっ、内容はと申しますと、過去に数多くの社会が崩壊ないし、消滅、
大規模な古蹟を後代に累々と遺してきたわけですが、(モアイ像とか)
栄耀栄華を極めた社会が、何故に崩壊の憂き目を見るに至ったのか、
個々の住民はどういう末路を辿ったのか、よその地へ移ったのか等の、
歴史研究家たちがウトーリするようなロマン探求(裏付けあり)も然り、
現代に教訓とし警鐘を鳴らすだけでなく、詳細に研究と分析がなされた
学者的見地の部分も然りで、歴史好きな自分には興味深い著書。

自然や文明の営み、環境問題等に関心ある方はご一読如何でしょうか。

[PR]
by valzearc | 2006-04-23 17:19 | Another
<< How are you? We overcame all... >>